Mission | 研究室の理念


「モノ」に知性を宿す回路は,現代の文脈において,如何に構築可能か?

明治大学 理工学部 建築学科 構法計画研究室は,上記を基本的な問いとして設定し,研究活動を進めています。

About | 研究室の概要


本研究室は,門脇耕三が主宰する,建築構法計画研究を主たる活動とする研究室です.ただし,「構法計画」といっても,狭義の構法計画,すなわち,建築計画学の一分野としての構法計画のみを扱うわけではありません.
「建築」とは,空間と環境の創造にまつわるあらゆる行為全体を指す語ですが,その中には,建築を通じて哲学的命題や科学的真理などを探求することも含まれます.そして,その探求の結果は,あくまで物理的実体としての建物によって媒介される必要があります.この豊かな人間活動の結果を媒介する「物理的実体」としての建物について,その構築の方法論をあらゆる角度から研究することが,本研究室の方針です.
また,物理的実体としての建物やそのエレメントは,時に空間や環境創造の枠組み,すなわち「建築」それ自体を書き換え,更新することがあり得ます.本研究では,この建物と建築が取り結ぶ,不可逆で,しかし双方向性を持つダイナミズムを,実証的・提案的に明らかにすることも活動の基本的方針としています.
なお,本研究室では,「研究」活動それ自体も,狭義の研究の意味に囚われず,「真理を追求する一連の過程」という本来の意味に立ち返って進めていきます.したがって,本研究室では,調査や実験に基づき論文を執筆することに加えて,建築設計・技術開発・様々な分野の専門家との対話など,建築の新たな地平を切り開くためのあらゆる活動を展開していきます.

Activities | 研究室の活動


研究室の構成員それぞれの主体的判断に基づき,個人やフレキシブルなチーミングによる活動を行っていますが,研究室全体としては,下記の活動を定期的に行います.
1) 研究室会議
週に1回程度,研究室の構成員全員が参加する研究室会議を開催し,各構成員の活動,研究室の運営,プロジェクトの進捗などについての報告と議論を行います.また,年に2回程度,研究室会議を発展させたかたちでの研究室合宿を行います.例年春学期に実施している春合宿は,隣接異分野の研究室と合同で開催しています.
2) プロジェクト
最新の課題を発見し,これを解決するため,研究室の構成員が参加するチームにより,自主研究・建築設計・技術開発・社会支援・コンサルティング・キュレーションなどの実践的活動を,随時「プロジェクト」として実施します.研究室発足(2012年4月)以降のプロジェクトの一覧は,こちらよりご覧いただけます.

Contacts | 研究室への問い合わせ


研究内容の照会や,研究・調査の委託依頼,大学院入試等による研究室入室についてのご質問などがある場合は,こちらの連絡先をご参照の上,お問い合わせください.